鎌倉幕府を開いた源氏の有力な御家人として名を挙げた三浦氏。
その中でも、三浦氏全盛期の当主として知られているのが三浦義村です。

同じく御家人であった和田氏や弟・三浦胤義への裏切りなどで、何かと悪名も高くそれほど有名でもある義村。
しかし、三浦氏の幕府への台頭が彼の父・義澄にはじまり、息子・泰村に終わったことを忘れてはなりません。

本記事では、そんな三浦義澄・泰村がどういう人物であったかについて説明します。



父・三浦義澄|頼朝から絶大な信頼、鎌倉幕府の立役者

三浦義村の父親、三浦義澄は平安時代末期から源氏に仕え、1159年の平治の乱でも源義朝らと共に戦った武将です。
その際は平家に敗れており、頼朝が1180年に挙兵した際(石橋山の戦い)も天候の悪さにより参加出来ませんでしたが、後の一ノ谷の戦いや壇ノ浦の戦い、奥州合戦には従軍しており、鎌倉幕府の成立に尽力しています。

※参照:源頼朝の生い立ちや平治の乱における動向について。伊豆では何してたの?

その後、義澄は1192年に鶴岡八幡宮で行われた、頼朝の征夷大将軍への任命書を勅使から受け取る役目に抜擢されています。そのため、源氏からも大変信頼されていた家臣だったと言えるでしょう。

また頼朝の死後、鎌倉幕府では集団指導体制である「十三人の合議制」のメンバーの一人として、幕府内で大きな権力を誇るようになります。
残念ながら義澄はその翌年に病死してしまいますが、これらのことから三浦家に対する源氏の信頼を確固たるものにしたのはこの義澄ともいえるのではないでしょうか。

息子・三浦泰村|北条氏と争い三浦氏衰退の道をたどる

スポンサードリンク

三浦義村には少なくとも13人の子供がいたと言われています。
このうち男子は朝村、泰村、長村、光村、重村、家村、資村、胤村、重時、良賢の10人。女子は矢部禅尼、土岐光定室、毛利季光室の3人の名前が伝わっています。

このうち、義村の嫡男として三浦氏を継承したのは次男の三浦泰村でした。泰村は父と共に1221年の承久の乱などに参戦し活躍。当時の執権、北条泰時の「泰」の一字をもらって「泰村」と名乗ったと言われています。

その後、泰村は三浦氏の権力を高めるため、4代将軍の九条頼経との関係を深めます。また弟の光村は5代将軍の九条頼嗣と親密な仲となったことで、幕府との絆を強固なものとしました。
その力は時の北条氏に次ぐ権力となりつつあったため、当の北条氏から危険視をされてしまいます。

泰村は双方権力を維持するべく、5代目の執権・北条時頼と和解の道を探りますが、1247年にそれをよく思わなかった安達景盛が仕掛けた宝治合戦が勃発。
追い詰められた泰村は、頼朝の墓がある法華堂で一族と共に自害し、その人生に幕を閉じました。

※参照:宮騒動、宝治合戦、霜月騒動の違いをわかりやすく解説!

三浦義村に子孫はいるのか?

宝治合戦にて北条氏によって滅ぼされ、各地に散った三浦一族。
その子孫が今の日本に残っているという明確な記録は出てきませんでした。

しかし、現在でも東北地方に三浦姓の大本家として続く家が残っていることから、この地の三浦さんは義村にゆかりがあったりするのかもしれません。
また、泰村の息子たちがそれぞれ「若狭」、「沼田」という氏を称したということから、この苗字を持つ者はかつての三浦氏の血を引いている可能性があるとも考えられます。

他にも、三浦義村の娘の一人は上述した通り毛利季光という武将に嫁いでいます。この武将は鎌倉幕府ナンバー2とも称される大江広元の四男であり、その子孫としては戦国時代に活躍した毛利元就などが挙げられます。
女系を踏まえるのであれば、毛利元就は三浦義村の子孫、と言っても間違いではないでしょう。

※参照:大江広元の子孫について解説。毛利元就とはどう繋がってるの?

鎌倉の一時代を築いた人物の系統が、姿や名を変えて今も日本のどこかに引き継がれていると考えると、ロマンを感じますね。

まとめ

スポンサードリンク

義村を中心とする三浦氏3代の流れをまとめると以下のようになります。

・義澄→源氏の側近として三浦氏と幕府との絆を強固にした
・義村→三浦氏最盛期の当主で、北条氏と並ぶ家格まで押し上げた
・泰村→将軍に接近して権勢を強めるも、北条氏との確執で宝治合戦が勃発。三浦氏は滅亡した。

日本史において、あまり表立った舞台には出てこない三浦氏。
しかし、3人の武将の役割や生涯を知ることで、鎌倉幕府の歴史も数倍楽しめることになるでしょう。